Soramichi Akiyama (穐山 空道)

Peer-Reviewed Research Papers

  1. Soramichi Akiyama, Ryota Shioya, Yuto Miyatake, Tongxin Yang
    Error Distribution Estimation for Fixed-point Arithmetic using Program Derivatives
    The 25th International Symposium on Quality Electronic Design (ISQED), April 2024 (to appear).
  2. Yuuki Kimura, Soramichi Akiyama, Atsuo Inomata, Tetsutaro Uehara
    On Collecting Onion Server Fingerprints and Identification of Their Operators
    The 23rd IEEE International Conference on Software Quality, Reliability, and Security Companion (QRS-C), pp. 540 - 548, October 2023.
  3. 穐山 空道, 山田 淳二, 塩谷 亮太
    DRAM の設計余裕を活用した低レイテンシ化・低消費電力化手法とその制御法の研究動向
    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, Vol. 16, No. 1, pp. 14 - 28, 2023.
  4. Kazuki Yoda, Tomoki Nakamaru, Soramichi Akiyama, Shigeru Chiba
    An Anomaly-based Approach for Detecting Modularity Violations on Method Placement
    The 22nd IEEE International Conference on Software Quality, Reliability, and Security (QRS), pp. 287 - 298, December 2022.
  5. 花俣 槙一, 穐山 空道, 平田 光男
    ニューラルネットワークを用いた走行抵抗係数推定とその FPGA による低消費電力実装
    自動車技術会論文集, Vol. 53, No. 3, pp. 605 - 610, May 2022.
    自動車技術会 2021 年秋季大会の発表と同一タイトルだが、これは正式な連携制度による。
  6. Soramichi Akiyama, Ryota Shioya
    The Granularity Gap Problem: A Hurdle for Applying Approximate Memory to Complex Data Layout
    12th ACM/SPEC International Conference on Performance Engineering (ICPE), pp. 125 - 132, April 2021.
    An extended version is available on arXiv
  7. Christian Helm, Soramichi Akiyama, Kenjiro Taura
    Reliable Reverse Engineering of Intel DRAM Addressing Using Performance Counters
    IEEE 28th International Symposium on Modeling, Analysis, and Simulation of Computer and Telecommunication Systems (MASCOTS), pp. 1 - 8, November 2020.
    Cited by an IEEE Trans. on Computers paper, a USENIX Security paper, an ACM TACO paper, and an IEEE S&P paper
  8. Tomoki Nakamaru, Tomomasa Matsunaga, Tetsuro Yamazaki, Soramichi Akiyama, Shigeru Chiba
    An Empirical Study of Method Chaining in Java
    The 17th International Conference on Mining Software Repositories (MSR), pp. 93 - 102, June 2020.
    Cited by an OOPSLA paper and an ISSTA paper
  9. Soramichi Akiyama
    Assessing Impact of Data Partitioning for Approximate Memory in C/C++ Code
    The 10th Workshop on Systems for Post-Moore Architectures (SPMA), co-located with EuroSys, pp. 1 - 7, April 2020.
    Cited by a PPoPP paper
  10. Soramichi Akiyama
    A Lightweight Method to Evaluate Effect of Approximate Memory with Hardware Performance Monitors
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E102-D, No. 12, pp. 2354 - 2365, December 2019.
  11. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano
    Diagnosing Performance Fluctuations of High-throughput Software for Multi-core CPUs
    32nd IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops (IPDPSW), pp. 1293 - 1302, May 2018.
  12. Shinsuke Hamada, Soramichi Akiyama, Mitaro Namiki
    Reactive NaN Repair for Applying Approximate Memory to Numerical Applications
    The 8th Workshop on Systems for Multi-core and Heterogeneous Architectures (SFMA), co-located with EuroSys, pp. 1 - 6, April 2018.
    Cited by an ICS paper
  13. Atsushi Koshiba, Takahiro Hirofuchi, Soramichi Akiyama, Ryousei Takano, Mitaro Namiki
    Towards Write-back Aware Software Emulator for Non-Volatile Memory
    The 6th IEEE Non-Volatile Memory Systems and Applications Symposium (NVMSA), pp. 1 - 6, August 2017.
  14. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi
    Quantitative Evaluation of Intel PEBS Overhead for Online System-Noise Analysis
    7th International Workshop on Runtime and Operating Systems for Supercomputers (ROSS) , co-located with HPDC, pp. 3:1 - 3:8, June 2017.
    Cited by two EuroSys papers (1, 2), an IEEE S&P paper, and two ICPP papers (1, 2)
  15. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Hirotaka Ogawa
    Performance Prediction of Memory Access Intensive Apps with Delay Insertion: A Vision
    8th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom), pp. 492 - 496, December 2016.
  16. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano, Shinichi Honiden
    Fast Live Migration for IO-Intensive VMs with Parallel and Adaptive Transfer of Page Cache via SAN
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E99-D, No. 12, pp. 3024 - 3034, December 2016.
  17. Andrew Newell, Gabriel Kliot, Ishai Menache, Aditya Gopalan, Soramichi Akiyama, Mark Silberstein
    Optimizing Distributed Actor Systems for Dynamic Interactive Services
    The European Conference on Computer Systems (EuroSys), pp. 38:1 - 38:15, April 2016.
  18. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Shinichi Honiden
    Evaluating Impact of Live Migration on Data Center Energy Saving
    6th IEEE International Conference on Cloud Computing Technology and Science (CloudCom), pp. 759 - 762, December 2014.
  19. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano, Shinichi Honiden
    Fast Live Migration with Small IO Performance Penalty by Exploiting SAN in Parallel
    The 2014 IEEE 7th International Conference on Cloud Computing (IEEE CLOUD), pp. 40 - 47, June 2014.
  20. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano, Shinichi Honiden
    Fast Wide Area Live Migration with a Low Overhead Through Page Cache Teleportation
    The 13th IEEE/ACM International Symposium on Cluster, Cloud and Grid Computing (CCGrid), Doctoral Symposium, pp. 78 - 82, May 2013.
    Cited by an ASPLOS paper, a VEE paper, an IEEE TPDS paper, and a US patent
  21. Soramichi Akiyama, Takahiro Hirofuchi, Ryousei Takano, Shinichi Honiden
    MiyakoDori: A Memory Reusing Mechanism for Dynamic VM Consolidation
    The 2012 IEEE 5th International Conference on Cloud Computing (IEEE CLOUD), pp. 606 - 613, June 2012.
    Cited by an ACM Operating Systems Review paper and a Middleware paper
  22. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    都鳥: メモリ再利用による連続するライブマイグレーションの最適化,
    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム, Vol. 5, No. 2 (ACS37), pp. 74 - 85, March 2012.
    ComSys 2011の発表と同一タイトルだが、これは正式な連携制度による。

Talks

  1. ソフトウェアの仕組みを無視する攻撃からも秘密データを守る OS を目指して
    IPSJ-ONE 2023, March 4th, 2023.
  2. Basics and Research Trends on Memory Performance
    Inside 集積システム設計論, Graduate School of Informatics, Kyoto University, November 1st and 8th, 2021.
  3. システムソフトウェアによるアプリケーション実行の自動効率化
    Department of Creative Informatics, The University of Tokyo, December 22, 2017.
  4. Goplane: Open Source BUM-less Networking for Large Scale Docker Deployment
    ContainerCon 2015 (in conjunction with LinuxCon North America 2015), August 2015.
  5. Fast Live Migration for Data-intensive VMs by Exploiting Storage Area Network in Datacenter
    LinuxCon Japan 2014, LinuxCon Staging Session, May 2014.
  6. Acceleration of Virtual Machine Live Migration on QEMU/KVM by Reusing VM Memory
    LinuxCon Japan 2012, Student Presentations Track, June 2012. [slide]
    brief introduction by Cloud Watch and ITpro

Non-Reviewed or/and Domestic Workshop Papers

  1. 西出 虎之介, 渡邉 和樹, 南 豪介, 鷲尾 元太郎, 穐山 空道
    計算可能ストレージを用いたログ構造化ファイルシステムへの変換によるランサムウェア対策の提案
    情報処理学会第86回全国大会, March 2024 (to appear).
  2. 中西 奏人, 穐山 空道
    キャッシュ構造脆弱性の強化学習による探索における無駄な操作の削減
    第64回 インターネットと運用技術研究会, pp. ? - ?, March 2024 (to appear).
  3. 木村 悠生, 穐山 空道, 猪俣 敦夫, 上原 哲太郎
    Onion Domain の大規模収集と HTTP レスポンスの傾向分析
    第64回 インターネットと運用技術研究会, pp. ? - ?, March 2024 (to appear).
  4. 橋本 直樹, 穐山 空道
    GPU によるメモリ書き換え監視を用いた高信頼アンチチートシステムの提案
    第35回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2023), ポスターセッション, December 2023.
  5. 木村 悠生, 石川 琉聖, 穐山 空道, 猪俣 敦夫, 上原 哲太郎
    Tor 内のリンクネットワークグラフ可視化と Server ヘッダによる Onion Service 運用元特定手法の検討
    コンピュータセキュリティシンポジウム2023, pp. 261 - 268, October 2023.
  6. 村田 健斗, 穐山 空道
    Rowhammer 攻撃防止のためのページフレームのランダム割り当て手法
    第161回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, pp. 1 - 8, September 2023.
  7. 吉岡 恵吾, 穐山 空道
    RowHammer を用いたページテーブル上の Global bit 書き換えによるプロセス間データ覗き見手法
    並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ (SWoPP2023), pp. 1 - 7, August 2023.
    優秀若手発表賞(受賞者:吉岡 恵吾)
  8. 星名 藍乃介, 穐山 空道, 上原 哲太郎
    32 bit を超える time_t をもつ環境における 2038 年問題の検出手法の提案
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO 2023 シンポジウム, pp. 309 - 318, July 2023.
    優秀プレゼンテーション賞(受賞者:星名 藍乃介)
  9. 石川 琉聖, 穐山 空道, 猪俣 敦夫, 上原 哲太郎
    複数の Web サービスのパスワードリセット機能を用いた通知先情報復元攻撃の検証およびその対策
    電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究会, pp. 1 - 6, March 2023.
  10. 木村 悠生, 穐山 空道, 猪俣 敦夫, 上原 哲太郎
    Onion Service における Server Fingerprint の収集及び運用元特定可能性の検討
    電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究会, pp. 1 - 6, March 2023.
    デジタル・フォレンジック優秀若手研究者 優秀賞(受賞者:木村 悠生)
  11. 三冨 秀和, 穐山 空道, 山崎 徹郎, 千葉 滋
    FPGA グラフ処理のための頂点アクセス並列化によるプログラマビリティの高い HLS フレームワーク
    Hot Spring Annual Meeting (HotSPA 2022), pp. 1 - 8, October 2022.
  12. 花俣 槙一, 穐山 空道, 平田 光男
    ニューラルネットワークを用いた走行抵抗係数推定とその FPGA による低消費電力実装
    自動車技術会 2021年秋季大会, pp. 1 - 6, October 2021.
    エンジンレビュー誌に掲載された解説記事
  13. 依田 和樹, 中丸 智貴, 穐山 空道, 山崎 徹郎, 千葉 滋
    Java システムにおけるパッケージ誤りのニューラルネットワークを用いた検出手法
    日本ソフトウェア科学会第 38 回大会, pp. 1 - 9, September 2021.
  14. Wennong Cai, Soramichi Akiyama, Shigeru Chiba
    A Preliminary Design of an Easy-to-Dictate Programming Language with Pronouns
    日本ソフトウェア科学会第 38 回大会, pp. 1 - 7, September 2021.
  15. 穐山 空道, 塩谷 亮太
    Approximate Memory におけるエラー混入対象データの重要度の事前推定に関する検討
    並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ (SWoPP2021), pp. 1 - 10, July 2021.
    情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会若手奨励賞 (IPSJ SIGARC Young Researcher Award)
  16. 穐山 空道, 松宮 遼, 吉藤 尚生, 梶 信也
    Approximate Memory 制御手法の評価のためのベンチマーク開発
    並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ (SWoPP2021), pp. 1 - 9, July 2021.
  17. 穐山 空道, 塩谷 亮太
    複雑なデータ構造を持つアプリケーションを対象とした Approximate Memory 適応の検討
    Hot Spring Annual Meeting (HotSPA 2020), pp. 1 - 11, October 2020.
    電子情報通信学会 コンピュータシステム研究専門委員会(CPSY)研究会優秀若手発表賞
  18. 中丸 智貴, 松永 智將, 山崎 徹郎, 穐山 空道, 千葉 滋
    メソッドチェイン形式の記述に関する調査
    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2020), ポスター・デモセッション, March 2020.
  19. 穐山 空道, 塩谷 亮太
    Approximate Memory のデータ分離に起因する性能低下を抑制するプリフェッチ手法
    組込み技術とネットワークに関するワークショップ (ETNET 2019), pp. 1 - 10, March 2019.
    電子情報通信学会 コンピュータシステム研究専門委員会(CPSY)研究会優秀若手発表賞
  20. 濱田 槙亮, 穐山 空道, 並木 美太郎
    デバッグ情報とシグナルを用いたメモリエラーの修復
    第30回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2018), pp. 90 - 97, December 2018.
  21. 濱田 槙亮, 穐山 空道, 並木 美太郎
    Approximate Computing での NaN の除去による継続的な実行
    第29回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2017), ポスターセッション, December 2017.
  22. 穐山 空道, 広渕 崇宏
    性能カウンタを用いた近似実行の高速なエミュレーション
    並列/分散/協調処理に関する『秋田』サマー・ワークショップ (SWoPP2017), pp. 1 - 9, July 2017.
    IPSJ Computer Science Research Award for Young Scientists
  23. 穐山 空道, 小川 宏高
    複数レイヤにおける多重並列化の自動調停に関する検討
    第136回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, March 2016.
  24. Natsumi Asahara, Keita Higuchi, Soramichi Akiyama, Shinichi Honiden
    Mobile Augmented Reality Gaming for Daily Activity Learning and Satisfaction
    ACM CHI 2015 Symposium on Emerging Japanese HCI Research Collection (in conjunction with CHI 2015), April 2015.
  25. 朝原 奈津未, 樋口 啓太, 穐山 空道, 本位田 真一
    モバイルAR環境による日常技能練習のゲーミフィケーション
    22nd Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2014), November 2014.
  26. 穐山 空道, 本位田 真一
    仮想化技術によるクラウドのグリーン化
    国立情報学研究所オープンハウス2014, May 2014. 一般向け
  27. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    ページキャッシュの復元とその他のメモリ転送の並列動作による遠隔地ライブマイグレーション高速化
    第124回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, February 2013.
  28. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    ページキャッシュの復元による遠隔地ライブマイグレーション高速化システムの実演
    第24回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2012), デモセッション, December 2012.
  29. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    ページキャッシュの復元による遠隔地ライブマイグレーションの高速化
    第123回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会, December 2012.
  30. 穐山 空道
    都鳥: メモリキャッシュによるライブマイグレーションの高速化
    第30回仮想化実装技術勉強会, December 2011. [pdf]
  31. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    都鳥: メモリ再利用による連続するライブマイグレーションの最適化
    第23回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2011), pp. 2-11, November 2011.
    Best Paper Award(1/11 = 9.1%)
    IPSJ Computer Science Research Award for Young Scientists
  32. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    メモリ再利用によりライブマイグレーションを高速化するシステム「都鳥」の実演
    第23回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2011), デモセッション, November 2011.
    Student Poster / Demonstration Award
  33. Soramichi Akiyama
    Reusing VM Memory Makes Live Migrations Quick
    Sixth joint NII-LIP6 WorkShop on Multi-Agent and Distributed Systems, October 2011.
  34. 穐山 空道, 広渕 崇宏, 高野 了成, 本位田 真一
    メモリの再利用により移動後の性能低下を抑えたライブマイグレーション
    先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS2011), pp. 258-259, May 2011. [poster]
  35. 穐山 空道, 駒谷 和範, 高橋 徹, 尾形 哲也, 奥乃 博
    ユーザの文法知識を状態に加えたPOMDPによる音声対話システム
    情報処理学会第72回全国大会, 5U-9, March 2010.

Theses

Misc