システム系輪講会

目的

  1. 論文を互いに紹介し合うことで重厚長大なシステム系論文をより多く、自己の専門以外の分野についても把握する。
  2. その結果として一分野に閉じず価値の高い研究を促進する(システムソフトウェアと新しいハードウェアの協調、アプリケーションの要求を理解したシステム研究等)。
  3. また所属を超えた気軽な交流を図りシステム系の研究を盛り上げる

次回予定

SOSP, Micro 等の終了後、年末あたり?(発表者を常に募集しています。発表してみようかなという方は主催者までご連絡ください。)

開催履歴

時間発表者発表論文出典資料
18:30 - 19:30 新井淳也(NTT) IPDPS'17の機械学習系論文 IPDPS 2017
19:30 - 20:15 大黒晴之(筑波大学) A Top-Down Approach to Achieving Performance Predictability in Database Systems SIGMOD 2017
時間発表者発表論文出典資料
18:30 - 19:15 須崎有康(産総研) Efficient Memory Disaggregation with Infiniswap NSDI 2017
19:15 - 20:00 小柴篤史(農工大) DudeTM: Building Durable Transactions with Decoupling for Persistent Memory ASPLOS 2017
時間発表者発表論文出典資料
18:00 - 18:30 穐山空道(産総研) Partial Row Activation for Low-Power DRAM System HPCA 2017
18:30 - 19:00中川博貴The Linux Scheduler: A Decade of Wasted CoresEuroSys 2016
19:00 - 19:15自己紹介&休憩
19:15 - 19:45大辻弘貴(富士通研)To FUSE or Not to FUSE: Performance of User-Space File SystemsFAST 2017

主催者:穐山空道